ハードワーク&ヘッドワーク

負荷をかけて、その期待に応えられない人間が「人の上に立つ」と、
会社は絶対に伸びません。
社員も、幹部も、社長も、その負荷に耐えて育っていくのです。

「強育の必要性」は企業だけでの論理ではなく、
働く社員さんの能力開発にも重要なのです。
仕事の出来ない甘い上司に育てられると、両者が生き残れない厳しい時代です。

そして・・・

負荷をかける「ハードワーク」も大事ですが、
それよりももっと大事なのが、知恵を使った「ヘッドワーク」だからです。

1)戦略をもった幹部
2)上司に自分の意見を明確に述べれる幹部
3)私心を捨てて、企業を中心に物事の判断が出来る幹部
4)仕事の出来る部下を育成できる幹部

こうした幹部が今の厳しい時代には絶対不可欠なのです。
こうした幹部を社長の「右腕」と呼ぶのです。

しかし、どうやって戦略的思考をもった幹部育成をするかが、
どの企業も不明確です。

企業の勝ち残りの最大条件といっても過言ではないのに、
どの企業も「幹部育成」を疎かにしています。

会社は社長次第であると共に、
幹部が育たない企業の経営者は「苦労」します。早く、幹部育成に着手してください。

それでは又、次回 オヤスミです。 (^^)/~~~