お金!

金に苦労していると、金に困った人が貸してくれといってくれば
少しは貸してあげようかと考えてしまいますね。

お金を貸した人で、会社が、もの凄く建て直ったという話は聞きません。

不思議といえば不思議ですね。お金を借りるときには

「このお金があれば何とかなり、来月大口の資金が入ってくるので間違いなく返せる」

そして、そういう会社にお金を貸すと返ってはきてもまた借りるという結果になりますよね。
その後そのお金を有意義に使えているかと確認してみるとほぼ全滅ですね。

ほとんど借りたときよりも悪い状況になっています。

そもそも資金がショートする時点で、問題なのかもしれません。

結果で言えば貸さないほうがその人のためには良かったということなんですね。

不況の足音が聞こえはじめました

準備の出来ていない企業はどんどん追い詰められていくでしょう。

日々どれだけ勉強し、どれだけ準備しているか、が問われます!

手遅れになる前に勉強しましょう!お手伝いします!

お互いにがんばりましょう!

それでは次回又オヤスミです。